社会医療法人こぶし
Kobushi Medical Corporation
植苗病院

0144-58-2314


  医師 医療相談課について
  看護助手

 医療相談課には、ソーシャルワーカー、ケースワーカー、相談員などとも呼ばれる精神保健福祉士が所属しています。
 精神保健福祉士は、1950年より「精神科ソーシャルワーカー」という名称で精神科医療機関を中心に医療チームの一員として担ってきた専門職です。1997年に国家資格となり、その役割が期待されています。
 私たちは、精神的に不安を抱えられている方々やそのご家族が抱える精神的・経済的・心理的・社会的な諸問題を解決できるよう共に考えたり、社会参加に向けての支援活動を通して、その人らしく主体的に生活が出来ることを目標としています。
 精神保健福祉士は、植苗病院の各病棟をはじめ、各クリニックや生活訓練施設に配属されています。

このようなことをしています

  • 受診・入院の相談援助
  • 入院生活上の問題に対する相談・調整
  • 医療費の支払いなど、経済的問題に対する相談・調整
  • 退院へ向けての環境調整等の支援
  • 障害年金、傷病手当金など利用可能な各種制度・サービスの紹介
  • その他の様々なご相談

ご相談された内容は秘密厳守いたします。

どのようなことでもかまいません、お気軽にご相談ください

お問い合わせ
п@0144−58−2314

  その他職員
  
 理念・基本方針
 医療相談課
 作業療法課
 心理課





 Copyright(c) 2007 KOBUSHI Medical Corporation All Rights Reserved.