社会医療法人こぶし
Kobushi Medical Corporation
植苗病院

0144-58-2314


  医師 植苗病院では地域医療に関心のある精神科医を募集しています
  看護師
  看護助手

|| 募集要項

非常勤  

  • 勤務形態、勤務日数などご希望をうかがいます。
  • 不定期当直のみ、クリニック外来のみなどの勤務も可能です。
  • 半日の勤務から可能です

常勤 2名募集

  • 給与体系
    当院規定による
  • 勤務日
    月曜日から金曜日まで週5日
  • 当直
    1カ月あたり週日4〜5回 土日祝日1〜2回
    状況によっては当直免除も考えます
  • 有給休暇
    当院の規定による
  • 学会・講演会などへの出席について
    最新の知見を得る機会ですので、積極的な参加を奨励しており、全て出張扱いとなります
  • 指定医症例
    揃います
  • 実習指導・症例検討会
    経験豊かな精神保健指定医が日々の業務の中で相談・指導にあたります。症例検討会・勉強会がそれぞれ月に1回ずつ、医局会は月に2回あります。
    その他、病院各部門の代表者が集まり、活動報告と討論を行う代表者会議が月に1回あり、医局員は全員参加することになっています。
  • 研修および研究について
    診断、地域医療、精神科リハビリテーション、薬物療法、精神療法、外来治療、入院治療、精神保健・福祉
  その他職員
 理念・基本方針
 医療相談課
 作業療法課
 心理課






|| 医局の特色

  1. 医局の発言力が経営陣よりも大きい
    植苗病院は創立者が一族支配を嫌い、当院を特定医療法人化したため、民間精神病院にありがちな一族支配がなく、経営を含む病院全体の方針は医局中心に決定される。現在は収益よりも臨床実践を重視する路線をとっているが、これは一族支配の精神病院では不可能であろう。
  2. 医局の団結力が強い
    医局は大部屋で、医局員同士はいつも顔を合わせ、臨床や病院経営上の問題、医師獲得の作戦などその他もろもろの事について日常的に情報交換を行っている。病院内で生じた様々な出来事のニュースは速やかに医局に届き、全医局員の知るところとなる。こうした風通しの良さは、医局員一人一人に個室が割り当てられている病院では考えにくいことである。また誰かが休暇を取る際にはお互いカバーしあうため、長期休暇がとりやすいというメリットがある。各医局員の出身大学は多岐にわたり、学閥の影響は皆無である。










|| 当院における医師の仕事の特色
  1. 経営陣が口を挟まないので、患者さんの方を向いた医療が可能である。
  2. 日中は忙しいが、早めに切り上げれば定時に帰宅できるし、遅くとも午後6時前には帰宅できることが多い。
  3. 夜間・休日の呼び出しは滅多にない。
  4. 希望すればサテライトクリニックの院長として外来専従も可能。
  5. 看護スタッフやパラメディカルの士気は高く、頼りになる。
  6. 個性的で話し好きの医局員からさまざまな臨床上のノウハウやローカル情報を得ることが可能。
  7. 職員送迎バスあり
  8. 24時間託児施設あり (利用料 3,000円/月〜)
電話連絡またはEメール送付お願い申し上げます。
TEL:0144-58-2314 法人本部長大釜
Eメール:uenae@med.email.ne.jp(メールアドレスが新しくなっております。)








 Copyright(c) 2007 KOBUSHI Medical Corporation All Rights Reserved.